趣味がない?おすすめランキングで探し方と見つけ方【しゅみらん】

趣味がないと困る?

趣味のことで困ったことありませんか?

  • 趣味は何ですか?と聞かれると回答に困る
  • 履歴書の趣味欄に自信を持って書けない
  • 好感の持てる趣味を探したことがある
  • 趣味は面白い返しが必要だとプレッシャーを感じた

案外多いんです。趣味で悩む人。

趣味を聞かれると困る?

初対面やまだ会って間もないカップルや合コンの場では、自己紹介がてら趣味の話題で盛り上がることもよくあります。

「趣味はなんですか」と聞かれると困る人は、結構多いんです。

本当に趣味がない場合もあるし、実は趣味はあるけど、それを言ってしまうと、何かプレッシャーがかかる要求をされるんじゃないかと考えてしまうことも。

例えば「趣味はカラオケ」なんて言おうものなら、その後でカラオケに行くことになった時のプレッシャーがすごいことになりますし。

「趣味は読書」て答えたら、「最近何読んだ?」とかなりの読書好きそうな人から質問されたらそこでまた固まってしまうから。

趣味を聞かれると困ること、少なくないんですよね。

「無趣味」って答えると、冷ややかな反応が返ってきたり。どうすりゃいいの?

面接の履歴書の趣味欄に何て書く?

就職や転職の際に履歴書を書く時、特技や趣味の欄って難しいですよね。

ギャンブルやゲームのような中毒性のある趣味より、アウトドアでひとりではなく大勢でする趣味のほうが好感度は高いかもしれません。もちろん職種にもよりますが。

面接では大切なのは、自己PRです。採用担当者が、「この人は必用だ」と思ってもらえるかが採用か不採用にも繋がります。

ということは、履歴書で書く趣味は、自己PRに繋がるほうが良いわけですね。

外資系企業で英語必須な会社であれば、趣味は「英会話」「外国人との英語での雑談」でもいいでしょうし、営業職であれば「コミュニケーション磨き」「雑談力磨き」「心理学」などでもいいでしょう。

決まりはありませんが、いかに自己PRとリンクさせれるかが鍵となるでしょう。

好感度で決める自分の趣味

男性からも女性からも人気がある趣味といえば「料理」「食べ歩き」「スポーツ」「音楽」あたりでしょうか。

特に「食」に関しては本能ですし、結婚してからも永遠に「食べること」は続いていくわけですから、「料理」や「食べ歩き」を趣味にしておけば、まず好感度が下がることはないでしょうね。

好感の持てる趣味を自分なりに頭に入れておいたほうが良さそうですね。

趣味は何?に面白い返しは決めておきましょう

趣味は何?って質問された時に、できれば面白い返しができたらいいとも思ったりする。

でも失敗すると場がしらけるので、あまりおすすめはできません。

趣味は共通点探しを見つけて親密度を高めるチャンスでもあるので、あえてここでリスクを犯さなくても、好感の持てる趣味を挙げておいて、好感度あげてから笑いをもってくるほうが良さそうな気がします。

趣味ランキングは条件が違うとこうも違う

趣味なんて限りなくありますよね。誰もしてなくて自分だけしてることでも、それが趣味だといえば趣味なわけです。

子供の頃の趣味、大人になってからの趣味、仕事を引退してからの趣味。年齢に応じて趣味が変わることもありますよね。

若い頃に出来なかった趣味を、仕事を辞めてから始めることもあるでしょう。

一人でできる趣味もいいですし、趣味を持つことで出会いの機会が増えるのもいいですよね。

趣味が同じで意気投合して恋愛に発展したり、結婚に繋がったり。やはり共通の趣味というのは人と人を繋ぐことも多いですよね。

それでは、細かく分類して「趣味ランキング」を載せていきます。

  • 20代におすすめの趣味ランキング
  • 30代におすすめの趣味ランキング
  • 40代におすすめの趣味ランキング
  • 50代におすすめの趣味ランキング
  • 60代におすすめの趣味ランキング
  • インドア好きにおすすめの趣味ランキング
  • ひとりでできるおすすめの趣味ランキング