【まずはこちら】シュミカケルシゴトって何?

カメラを趣味に!さらには副業や仕事に変えていく方法!写真が好きだけでは稼げない

カメラを趣味に!さらには副業や仕事に変えていく方法!写真が好きだけでは稼げない

趣味を仕事にする人が増えています。

では「カメラ」はどうでしょうか?

もちろん、カメラが趣味で、それを仕事にしている人はいますが、参入する障壁は下がっています。

それはスマホカメラの登場もありますし、インスタグラムのような発信ツールが増えいてるということもあります。

ある意味、素人とプロの境が見えにくくなっているとも言えます。

では、今からカメラを始めたい人、そして、行く行くはカメラを仕事にしたい人。

どうすればいいか?まとめていきます。

カメラの技術はYoutubeでもかなり学べる

例えば。

  • プロの仕事してお金を稼いでいるプロカメラマンの写真
  • 素人が趣味として何年も取り続けてる素人カメラマンの写真

同じ被写体として、どれほど違いが出るのでしょうか?

同じカメラを使ってです。

2つの見分けがついたとして、果たして区別できる人がいるのでしょうか?

無理でしょう。

今はYoutubeを見るだけでも、構図等の撮影テクニックはいくらでも見つかります。

もちろん、カメラ教室で学ぶことも出来ますし、技術的にプロカメラマンと大差ないくらいの写真を撮ることは可能でしょう。

しかし、それを仕事にするとなると決定的な違いがあります。

それは、求められるスキルです。

カメラは独学で学ぶかカメラ教室で学ぶか?

向き不向きmありますので、どの方法がベストは分かりませんが、どういう方法があるかだけは知っておいたほうがいいでしょう。

まずは独学。

これは、構図にしても、本やYoutubeのような動画もありますし、専門知識も全て独学でも学ぶことは出来ます。

次にカメラ教室。

メーカーが主催しているカメラ講座もありますし、一般のカメラ教室もありますから、その中から選ぶことになります。もし、良さそうな教室や講座を知っているならそこで学ぶのもいいですが、もしない場合は、サークルに参加してみるのもいいでしょう。

次にカメラサークルへの参加です。

カメラが好きな人が集まるカメラサークルに参加してみるのもいいでしょう。

技術的なことも教えてもらえるかもしれませんし、何より情報を得ることができるかもしれません。

それは、カメラ教室やカメラ講座のことだけでなく、写真撮影を仕事にされている方のお話を聴けるかもしれません。

ただ、初対面でいきなり、お金や仕事の話しはしないほうがいいでしょうね。

場合によっては、同じカメラマンとしてライバルになる可能性もあるわけですから、いきなり初対面で、仕事にする方法を教えて欲しいなんていうのは、厚かましすぎますからね。

どんな綺麗な写真が撮れても求められなければ仕事にはならない

カメラ教室なり独学なりで、写真撮影自体の技術が向上しても、それで副業に出来たり、本業に出来たりできるわけではありません。

副業にカメラを活かしたいなら、本気でカメラを仕事にしたいなら、どなたかから、お金をもらう必用があります。

そのためには、まず、あなたのカメラの作品なり技術なりを認めて、お金を出してでも、その作品が欲しい、その技術が欲しいと思ってもらわないといけないんです。

カメラを副業や本業の仕事にする方法

では具体的に、カメラを副業や本業としての仕事にするためには、どのような方法があるか見ていきましょう。

カメラを仕事にしたいなら①SNSやブログで発信する

これは絶対必用です。

あなたのカメラとしての仕事を、明確に告知しましょう。

何時間で何円で、どういう写真を撮ってくれるのか?

自己PRの力を問われます。最近はセルフブランディングとも言われますが、発信力がなければ、カメラであっても他のスキルであっても、仕事にすることはまず無理と思っていいと思います。

特にお客さんは、あなたがどういう写真を撮っているか?撮れるのか?それを知りたいはずです。

その写真がまずはアピールポイントになりますから。

カメラを仕事にしたいなら②WEBサービスで実績を作る

クラウドワークスは今ではすっかり有名になりましたね。

そういったクラウドソーシングサービスは知っておきたいところです。

クラウドワークスやランサーズといったマッチングサービスを利用すれば、仕事の依頼を引き受けることも簡単に出来ます。

もちろん、内容や金額がマッチすればですが、やはり、まずは実績を積むためにも使っておきたいサービスです。

最近は「ココナラ」のようにスキルを売り買いできるサイトもありますので、チェックしておきましょう。

スキルの売買ができる有名サイトには「Wow!me(ワオミー)」もありましたが、2018年12月サービス提供終了となっています。他にも対面に強いサービスもありますので、確実に実績を積んでいけるサービスをいくつか持っておくと良いスタートが切れるのではないでしょうか。

カメラを仕事にしたいなら③フリーランスとしての稼ぎ方を知る

これはカメラに限らずですが、副業なり本業としての仕事なりで、稼ごうと思うなら、知っておきたいことがたくさんあります。

例えば、カメラマンはカメラで写真を撮影するだけが仕事ではありません。厳密には、収入源として、カメラでの写真撮影からだけに頼ることはまずないでしょう。

撮影した写真を販売することもあるでしょうし、カメラのスキルを講座として教えることを仕事にすることもあるでしょう。

フリーランスとなるからには、自分が広告塔となり、あらゆる発信をし続ける必要があります。

そういった考え方を身に着ける必用があります。