心理学を学ぶ【就職にも仕事にも恋愛にもメリットがある理由】

心理学というと、堅苦しい印象があるかもしれませんが、学ぶことで得られるメリットもたくさんあります。

どういうきっかけで、どういう動機であれ、心理学を身につけていると何かと有利な場面も出てくるのでのはないでしょうか。

学ぶ価値はあると思いますが。それは大学で学んでいなくても、独学でも通信でも民間の心理学教室であってもです。

心理学を学ぶ目的はコミュニケーション能力向上

人それぞれ心理学を学ぶ目的は違うでしょうけど、コミュニケーション能力向上を目的にしている人も多いのではないでしょうか。

男性であれ女性であれ、人生の中で人付き合いは避けて通ることは出来ません。

多かれ少なかれ、人と接しながら生きていくことになるでしょう。

そんな時に、人の心のあり方や傾向を知っていると、いざ困ったときに対処しやすいのではないでしょうか。

心理カウンセラーになるために心理学を学ぶ

日本で心理学に関連する資格は、いくつかに分類されます。

国家資格
公認心理師が2017年度施工されたので、ようやく国家資格の心理職の国家資格が生まれました。

あとは民間資格になるみたいですね。詳しくは調べてるところですが。

臨床心理士がよく聞く資格ですね。

ただ、こういった資格を取るには、学歴制限があるものもありますので、かなり敷居が高いです。

そこで学会認定の民間資格や民間法人や団体認定の民間資格を取得して心理カウンセラーになる人もいるようです。

心理カウンセラーという方々は、弁護士や税理士のような士業とは違い、特別な資格を持っていなくても肩書きを名乗れますので、心理カウンセラーと一言で言っても、どのような資格を持っているかは人によって違うようです。もし、カウンセリングを受けるのであれば、どういう肩書きを持っているのか、どうい人物なのかはきちんと知っておいたほうが良さそうです。

心理学を学ぶ方法は?

心理学を学ぶ方法は、学校に通う、独学で勉強する、のどちらかになるでしょう。

そして学校で学ぶにしても、大学で授業を受ける、民間の講座を受けるなど様々です。

まずは興味がある心理学の本を読むことから始めるのもいいでしょう。

心理学におすすめの本は?

心理学が身近になったのはアドラー心理学の影響は大きいと思います。

アドラー心理学をどう捉えるか、どう解釈するかは人によるでしょうけど、心理学を学ぶきっかけにはいいのではないでしょうか。

アドラー心理学を学ぶにはまずこの本で。
【アドラー心理学入門】おすすめ本5冊【アドラー心理学入門】おすすめ本5冊