男性も料理を趣味にすると楽しいかも【まずは簡単なレシピから】

どれくらいの男性が料理をするのか、料理が好きなのか。それは知らないけど、間違いなく、30年とか40年前と比べても、料理をする男性は増えているでしょう。

料理番組もでも男性タレントが料理を作るのに違和感も全くないですし、共働き家族だったら男性でも料理をする機会は増えるのではないでしょうかね。

どっちにしても、家族の中で誰かが料理をすることになるでしょうから、それなら男性も趣味の一環として楽しく趣味感覚で料理が出来るようになったらいいなと思います。

料理を趣味にしても費用はしれてる

料理を趣味にするメリットは、お金がさほどかからないということ。

もちろん、食材にもよりますが、外食と比較するとかなりやすくつきますよね。

一人暮らしだったら外食になりがちなところを、料理を趣味に出来たらかなり安上がり。それに結婚してからも料理が出来ると何かと夫婦で協力しあえますかね。

ただ、仕事で疲れきって帰ってきてから料理をするのはしんどいかもしれないけど、料理にするのに集中できたら、それはストレスを軽減できるマインドフルネスと一緒じゃないかと思います。

料理を振る舞えば人気者

料理をする場面は家だけではありません。

バーベキューをするなり、ホームパーティーをするなり、そういう場面で料理が出来ると人気者です。

料理が出来ないよりは出来たほうがいい。それは間違いないでしょう。

コミュニケーションにも役立つ話題になりますから、覚えておいて損はないはずです。

男の料理は何から作る?

自分が好きなものから作ればいいでしょうね。決まりなんてないんですから。

最初は肉を買ってきて炒めるだけでもいいです。塩こしょうを振って、野菜をちょっと混ぜて出来上がり。焼肉のタレをつけてもいいし。

蒸したり煮たりするのは時間がかかりますから、最初は簡単なもの、自分が食べたいものからがいいのでは。

クックパッドがありますから、どんな料理でもレシピはあるでしょう。

好きな料理屋さんがあるなら、それに似た味のレシピがあったりしますから、そこからスタートでもいいでしょうね。

誰かに料理を作ることを趣味にしたい

料理を作りたいけどきっかけがないとなかなか始めることも難しいかもしれません。

それと、誰かに料理を作り機会があれば、また作ろう、もっと料理のことを知ろうって思うかもしれませんが、それがないと続けるのが難しいかもしれません。

やはり披露する場所、アウトプットする場所があるほうがやる気も出そうですね。

男の料理におすすめの本

男のええ加減料理 60歳からの超入門書

男のええ加減料理  60歳からの超入門書 (講談社のお料理BOOK)

男のええ加減料理 60歳からの超入門書 (講談社のお料理BOOK)

石蔵 文信
1,512円(04/19 14:28時点)
発売日: 2014/06/13
Amazonの情報を掲載しています

お医者さんが書いてる料理の本。でも栄養学ではなく、メンタル面のことを考えて、料理を趣味にするのもいいんじゃない?くらいの感覚かな。

60歳からのとありますが、もちろん、それまでの男性でも十分参考になる本ですね。

定年後に、精神的な不安をかかえている人がいるというのは納得です。仕事一筋できたら、仕事がなくなったら、何をしていいか分からなくなるというのはよく聞く話です。

精神面の健康のためにも、料理をするのを趣味にするのはいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です