【まずはこちら】シュミカケルシゴトって何?

メンタルヘルスの資格は仕事に活かせる?

メンタルヘルスの資格は仕事に活かせる?

これからの時代、AIの時代。

どんな仕事がなくなり、どんな仕事が残り、どんな仕事が生まれてくるのか?

そんな話題になることも多いですが、これからも残り、ますます必用とされると思われるのが「メンタルヘルス」の分野だと思います。

いくら技術が発達しても、人の心を機械のように直すことは出来ないからです。

ですので、メンタルヘルスの知識を有する人が、これからはもっと必要とされるのではないでしょうか。

もちろん、メンタルヘルスのことを知らなくても、人を癒すことが出来る人はたくさんいますが、やはり、仕事として心の健康のことを取り扱いたいのであれば、資格を取得しておくのもいいのではないでしょうか。

ただ、心の関わる資格は本当に数多くありますので、どの資格を取るかは慎重に選んだほうがいいでしょうね。

会社でも独立でもメンタルヘルスのカンセラーは求められている

メンタルヘルスの知識を得て、どこで働くかというと、大きく分けて2通りあります。

一つは会社に勤めながら、社員のメンタルヘルスケアをサポートすることです。

人事部や総務部あたりでしょうか。会社によって違うとは思いますが、社内でも精神的に病んでしまう人は少なくありませんので、社内のメンタルヘルスの専門家として、必用とされる場面も増えてくると思います。

もう一つは、独立して、カウンセラーとして、個人や企業を相手に、顧問カウンセラーとなるか、都度カウンセリングをするか、といった働き方です。

その時に、資格を持っているかいないかで、最初の印象は違ってくると思います。

メンタルヘルス関連の資格はどういうのがある?

心理学関連の資格も含め、心の健康に関する資格についてまとめておきます。

メンタルヘルス・マネジメント検定(I・II・III種)

主催:大阪商工会議所と施行商工会議所
受験資格:学歴・年齢・性別・国籍に制限なし
分類:I種(マスターコース)・II種(ラインケアコース)・III種(セルフケアコース)

受験資格がないため、誰でも受験ができます。認定開始は2006年とまだ歴史は浅いですね。

心理学系の資格では、受験資格を取ることさえも大変なものもありますが、メンタルヘルス・マネジメント検定にはそういった縛りがありません。

基礎的な位置づけということでしょう。

高度な専門知識を得るというよりは、メンタルヘルスの知識や精神疾患の予防に向けた資格という位置づけと思われます。